【CentOS】CentOS 8のインストール

CentOS

概要

Cent OSとは

CentOSは、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)と機能的に互換性があることを目指したLinuxディストリビューションになります。無償公開されているRHELのソースコードをもとに作成されたOSです。

CentOS 8のインストーラのダウンロード

下記のサイトからインストールイメージをダウンロードします。

Download

2つのリンクがありますが、[CentOS Linux DVD ISO]をクリックしてダウンロードします。

CentOS Stream DVD ISOの方が、機能追加など更新が頻繁にリリースされます。
お好みや用途によりますが、比較的安定しているCentOS Linux DVD ISOの方を選んでおけば間違いないでしょう。

ダウンロード先はいくつもありますが、高速な(好きな)ところからダウンロードしてください。

CentOS 8のインストール

[Test this media 8 install CentOS Linux 8.0.1905]を選択して、インストールに進みます。

メディアチェックを行わない場合は、[Install CentOS Linux 8.0.1905]を選択します。

それほど時間のかかるものでもないので、メディアチェックを行っておくとよいかと思います。

CENTOS LINUX 8.0.1905へようこそ。

日本語を選択して、[続行]

インストール概要

各種設定を行います。

最低でも、「!」マークのついた項目は設定を行わないと、[インストールの開始]をクリックできません。

[インストール先]をクリックします。

インストール先のディスクを選択(チェックを入れる)して、[完了]

[インストールの開始]がクリックできるようになりました。

が、[時刻と日付]がアメリカ大陸となっているようですので、クリックします。

東京を選択して、[完了]

時刻と日付がアジア/東京となりました。

続けて、[ソフトウェアの選択]をクリックします。

この画面では、利用する環境を選択します。

GUIが必要かどうか、その他機能が必要かどうかにあわせて選択してください。

サーバーとして利用する場合は「サーバー」を選択
セキュリティの関係や余計なリソースを使用したくないといった場合は、「最小限のインストール」を選択
など

[インストールの開始]をクリックして、インストールを開始します。

その他の設定も、環境に合わせて変更してください。

例えばホスト名を指定したい場合は、「ネットワークとホスト名」から指定します。

インストール中に[rootパスワード]をクリックして、rootのパスワードの設定を行います。

root以外のユーザを作成することもできます。

rootユーザはすべての権限をもつことになるため、通常は作業用に一般ユーザを作成します。

ここで作らない場合、後で作ることになります。

rootパスワードを入力して、[完了]

設定

インストールの完了を待ちます。

インストールが完了しました。[再起動]をクリックします。

インストールディスクは取り出しておきましょう。

初期セットアップ

再起動後、[License Information]をクリックします。

「ライセンス契約に同意します。」にチェックを入れて、[完了]

[設定の完了]

[次へ]

位置情報サービスは任意で選んで、[次へ]

オンラインアカウントは[スキップ]としておきます。

一般ユーザーのユーザー名を入力して、[次へ]

パスワードを設定して、[次へ]

[CentOS Linuxを使い始める]

おつかれさまでした。
これで使用可能です。

まとめ

わかってしまえばそれほど難しいことはないかと思います。
Windowsユーザーの方はなれないでしょうが、こちらもなれておくと良いでしょう!

コメント