【Office】ボリュームライセンス版Office 2019のインストール手順

Microsoft Office

ボリュームライセンス版Office 2019の展開(インストール)について

Office 2019 のインストールファイルは、ボリューム ライセンス サービス センター (VLSC) ではなく、インターネット上の Office コンテンツ配信ネットワーク (CDN) で入手できます。 Office CDN から Office 2019 を直接インストールできます。 または、インストールファイルを Office CDN から共有フォルダーなどのローカルネットワーク上の場所にダウンロードし、その場所からOffice 2019 をインストールすることもできます。 組織内のさまざまなコンピュータセットに合わせてさまざまな方法を使用できます。 どの方法を選択しても、ODT を使用します。

Office 2019 の展開 (IT 担当者向け)より

何が言いたいかというと、こんな感じですかね。

  • Office 2019ではOffice 2016以前にあったようなインストールディスク(ISOイメージ)が用意されていません。
  • インストールはインターネットからダウンロードしたインストーラから実行します。

それではインストールについて見ていきましょう!

作業

準備 (Office展開ツールのダウンロード)

下記よりOffice展開ツールをダウンロードします。

https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=49117


[Download]ボタンをクリックしてツールをダウンロードします。


ダウンロードした、Office展開ツールを実行します。


ライセンス条項に同意し、[Continue]をクリックします。


解凍先を指定して、[OK]ボタンをクリックします。
本手順では、「C:\Office2019\ODT」を指定しています。


[OK]ボタンをクリックします。


解凍されたファイルです。
今回必要なのは、「setup.exe」になります。
他は、XMLファイルのサンプルですね。

Officeカスタマイズツールを使用してコンフィグファイルを作成

今回は必要最低限の設定のみとします。色々細かく設定可能ですよ~。

設定ファイルを作成します。
どのアプリ(Word、Excelなど)をインストールするかといった、インストールに関する設定を指定する必要があります。
これまでだとインストールウィザードで選択するだけでよかったのですが、Office 2019の場合は、前もって設定を指定したファイルを作成する必要があります。
設定ファイルはxml形式となっているので、メモ帳などのテキストエディタで作成することも可能ですが、下記の「Office カスタマイズ ツール」を使用した方が楽チンです。

https://config.office.com/


今回は新規作成なので、[作成]をクリックします。

過去に設定したファイルを設定変更したい場合は、[インポート]を選択します。


アーキテクチャ:32bit版か64bit版どちらをインストールするか
Officeスイート:どのエディションをインストールするか(ライセンスをお持ちの製品を選択します)
VisioやProjectはライセンスを持っていれば指定します。
どのバージョンを展開しますか?:条件が無ければ最新でいいと思います。
アプリ:インストールしたくないアプリがあればオフにします。


言語:日本語を選択します。


ここはそのまま(変更なし)


ここもそのまま(変更なし)で


ボリュームライセンスキーを入力します


組織名を入力します(任意)


変更しておきたい設定があれば変更しておきます。
今回は何もしません。


よろしければ、[エクスポート]をクリックします。


既定のファイル形式を選択して、[OK]をクリックします。


使用許諾に同意し、ダウンロードするXMLファイルのファイル名を入力し、[エクスポート]をクリックします。


ダウンロードしたXMLファイルを開いてみるとこんな感じです。

自分で記述するのに比べたらはるかに楽ですよね。


ダウンロードしたXMLファイルは、どこに置いても構いませんが、先ほどOffice展開ツールを解答したフォルダに放り込んでおきましょう。

インストール

やっとインストールです。

インストールは簡単です。


コマンドプロンプトを管理者として実行します。


Office展開ツールを解答したフォルダに移動します。

今回の手順では「C:\Office2019\ODT」に移動します。

cd C:\Office2019\ODT

その後、下記コマンドでXMLファイルを指定してインストールします。

Setup.exe /configure 構成-ITなんでも屋さん.xml


インストールが開始されます。


Officeのダウンロードとインストールの完了を待ちましょう。


インストールが完了したら、[閉じる]をクリックします。


ちゃんとインストールされていますね。

ライセンス認証もされていることを確認しておいてくださいね。

総評

インストールの仕方も様々です。

今回は、1台のPCにインストールするという前提で見ていきました。

今回の設定では、例えば10台にインストールしようとすると、10回同じものをインターネット経由でダウンロードすることになります。ネットワーク負荷や容量を考えるとダメダメですね。

そのため、下記のようにンストールファイルをダウンロードするだけのコマンドもあります。

setup /download configuration.xml

こちらのダウンロードしたファイルを共有フォルダなどに置いて、インストールすることも可能です。

詳細は以下を確認しましょう。

Office 2019 の展開 (IT 担当者向け)
IT 管​​理者に Office 2019 の展開方法に関する情報を提供します。

コメント