Windows Server 2019 インストール

Windows

はじめに

Windowsサーバーを構築する場合、最初の作業はWindows Serverのインストールとなるかと思います。
今回はWindows Server 2019のインストールを行っていきたいと思います。
実際はOSインストール済み(OEM版になりますね)のサーバーを購入されることが多いと思われるので既にインストールされていることが多いのですが。

で、インストールや購入よりも前に確認しておくことがありますね。

インストールの前に

システム要件

Windows Serverを実行するには少なくともハードウェアのスペックが最小システム要件を満たしている必要があります。念のためきちんと確認しておきましょう。

Windows Server 2019のシステム要件

Windows Server 2019 のシステム要件
Windows Server 2019 のクリーン インストールでの記憶域、CPU、ネットワーク、メモリ、RAM の最小要件。

エディション

Windows Server 2019には「Standard」と「Datacenter」の2つのエディションが存在します。
エディションにより、実現可能な機能が異なる部分があります。
こちらも確認しておきましょう。

Standard エディションと Datacenter エディションの Windows Server 2019 の比較

Windows Server 2019 の Standard エディションと Datacenter エディションの比較

Windows Server 2019のインストール

さっそくインストールを進めていきましょう。

OSのインストールディスクをセットして電源を入れます。

 


Windowsセットアップが開始されます。
「言語とその他の項目」を指定できますが、インストールディスクが日本語版の場合は基本的にデフォルトで構わないかと思います。
念のためそれぞれの選択を確認してから[次へ]をクリックします。

 


[今すぐインストール]をクリックします。

 


セットアップが開始されます。
しばし待ちます。

 


プロダクトキーを入力して[次へ]をクリックします。
後でプロダクトキーを入力する場合は[プロダクトキーがありません]をクリックします。
ここでは「プロダクトキーがありません」で続けてみます。

 


インストールするオペレーティングシステム(OS)を選択して[次へ]をクリックします。
選択できるOSは以下です。
・Windows Server 2019 Standard
・Windows Server 2019 Standard (デスクトップ エクスペリエンス)
・Windows Server 2019 Datacenter
・Windows Server 2019 Datacenter (デスクトップ エクスペリエンス)

「デスクトップエクスペリエンス」が記載されていないOSを選択すると、所謂Server Coreがインストールされます。
GUI環境が必要な場合は、必ず「デスクトップエクスペリエンス」を選択します。
StandardとDatacenterはもちろんライセンスをお持ちのOSを選択してください。

 


[同意します]にチェックを入れて、[次へ]をクリックします。

 


[カスタム:Windowsのみをインストールする]をクリックします。
※こちらはよく確認の上選択してください。
まっさらなハードウェアにインストールする場合は[カスタム]です。

[アップグレード]はすでに過去バージョンのWindows Serverがインストールされている場合にアップグレードしたい場合に選択します。
アップグレードはトラブルの元になる可能性もありますので、OSの設定やアプリケーションのインストールを最初から行うことになってしまいますが、通常は新規インストールされる[カスタム]をお勧めします。

 


インストール先を指定して[次へ]をクリックします。

今回はテスト的に60GBのディスクへインストールしています。
アプリをインストールするとなるとおそらく全然足りませんよね。
当然のことながら、運用環境では5年間使う予定なら5年間持つ程度の容量を確保しておく必要があります。
実際は私の場合はアプリケーションをDドライブにインストールすることが多いですが。

 


インストールが開始されるので待ちます。

 


インストール中に自動的に再起動が行われます。
ここまでくれば完了までもうすぐ。

 


再起動後、設定のカスタマイズ画面が表示されます。
ここではAdministratorアカウントのパスワードを設定します。
「パスワード」と「パスワードの確認入力」を行い、[完了]をクリックします。

デフォルトでは複雑さの要件を満たすパスワードが必要となっていますので、以下を満たすパスワードである必要があります。
・ユーザーのアカウント名またはフルネームに含まれる3文字以上連続する文字列を使用しない。
・長さは6文字以上にする。
・次の4つのカテゴリのうち3つから文字を使う。
英大文字(AからZ)
英子文字(aからz)
10進数の数字(0から9)
アルファベット以外の文字(!、$、#、%など)

 


ロック画面が表示されればインストールは完了となります。

 


Administratorのパスワードを入力してWindowsへログオンします。

 


ログオンするとサーバーマネージャーが起動します。
ここまで確認できればインストール作業は完了です。

 

まとめ

Windows Server 2016からも大きくは変わっていませんね。

でも、基本的なことなので一応記事にしておきます。

 


コメント