「組織のセキュリティ ポリシーによって非認証のゲスト アクセスがブロックされているためこの共有フォルダーにアクセスできません」エラーの対応方法

Windows

現象

clip_image001
共有フォルダーにアクセスしようとしたら、上記のようなエラーメッセージが表示されることがあります。

原因

共有フォルダーへの接続元(クライアント)が特定のバージョンのOSの場合、本メッセージが表示されるようです。

Windows 10 バージョン 1709、Windows Server バージョン1709、および Windows Server 2019 では、SMB2 クライアントは、次の操作を許可しなくなりました。

・リモート サーバーへのゲストアカウント アクセス

・無効な資格情報を提供した後の Guest アカウントへのフォールバック

Microsoftからセキュリティを高めるために推奨されている事項となります。

解決方法

接続を可能にする方法はありますが、当然セキュリティ的には問題があることになります。
自己責任で行ってくださいね。

グループポリシーにて設定変更

clip_image002
[Windows]キー+[R]キーを押して、ファイル名を指定して実行を開きます。
名前に「gpedit.msc」を入力して、[OK]ボタンをクリックします。

clip_image004
[ローカルコンピューターポリシー] – [コンピューターの構成] – [管理用テンプレート] – [ネットワーク] – [Lanman ワークステーション]を開きます。
「安全でないゲスト ログオンを有効にする」をダブルクリックします。

clip_image005
[有効]を選択して、[OK]ボタンをクリックします。
ローカルグループポリシーエディタを閉じます。

OSを再起動します。

レジストリにて設定変更

Homeエディションではグループポリシーの設定を行うことが出来ません。
そのためレジストリにて設定を変更します。

clip_image007
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanWorkstation\Parameters の中の、AllowInsecureGuestAuthの値を0から1に変更します。

コメント