【Windows】Windows Server 2019のActive Directoryに2台目のドメインコントローラー(DC)を構成する

Windows

概要

すでにドメインを構築している環境に、冗長化のため追加のドメインコントローラー(DC)を構成します。

1台目の構築方法は下記記事を参照してください。

【Active Directory】Windows Server 2019へADをインストールする (新規ドメイン)
概要 AD(Active Directory)によるドメインの管理運用に必要となるADサーバー(ドメインコントローラー)の構築を行います。 あとからADサーバーのコンピューター名やIPアドレスを変えるのは避けたいので、先に変更してお...

あとからドメインコントローラーのコンピューター名やIPアドレスを変えるのは避けたいので、先に変更しておきます。

以下については前もって決めて(設定して)おきましょう。

・2台目のドメインコントローラーのコンピューター名

・2台目のドメインコントローラーのIPアドレス (静的IPアドレス)

準備

image
DNSサーバーは既存のドメインコントローラーのIPアドレスを指定しておきます。

 

サーバーに「Active Directory ドメインサービス」をインストールする

1台目と同じなので割愛します。サーセン。

1台目の記事を参照くださいな。

【Active Directory】Windows Server 2019へADをインストールする (新規ドメイン)
概要 AD(Active Directory)によるドメインの管理運用に必要となるADサーバー(ドメインコントローラー)の構築を行います。 あとからADサーバーのコンピューター名やIPアドレスを変えるのは避けたいので、先に変更してお...

2台目のサーバーをドメインコントローラーに昇格する

ここからは若干手順が異なるところがあります。

image
Active Directoryドメインサービスのインストールが完了したら、サーバーマネージャーの通知アイコンをクリックします。
通知の中の[このサーバーをドメインコントローラーに昇格する]をクリックします。

image
Active Directory ドメイン サービス構成ウィザードが起動します。
配置操作:「既存のドメインにドメインコントローラーを追加する」を選択します。
その後、[選択]ボタンをクリックします。

image
ドメインの管理者のIDとパスワードを指定します。
IDは「フルドメイン名\<管理者ID>」で指定します。
[OK]ボタンをクリックします。

clip_image001
ドメインを選択します。
[OK]ボタンをクリックします。

clip_image003ドメインと資格情報が表示されていることを確認します。
[次へ]をクリックします。

clip_image005ドメインコントローラーの機能とサイト情報は要件により異なります。ここではこのままとします。
ディレクトリサービス復元モードのパスワードとパスワードの確認入力を行います。
[次へ]をクリックします。

clip_image007「DNSオプション」が表示されます。
[次へ]をクリックします。

clip_image009「追加オプション」が表示されます。
[次へ]をクリックします。

clip_image011
「パス」が表示されます。
[次へ]をクリックします。

clip_image013
「オプションの確認」が表示されます。
設定内容を確認して問題がなければ、[次へ]をクリックします。

clip_image015
「前提条件のチェック」の結果が表示されます。
「すべての前提条件のチェックに合格しました」と表示されていることを確認して、[インストール]をクリックします。

clip_image017
インストールが完了すると、サーバーの再起動が自動的に行われます。

clip_image019
サーバーにログオンします

clip_image021
サーバーマネージャーを開くとADDSが追加されています。

clip_image022
代替DNSサーバーには自分自身が指定されています。
(DNSサービスも一緒にインストールされています)

clip_image024
Active DirectoryユーザーとコンピューターのDomain Controllersには2台のDCが表示されています。

以上です。

コメント