CVE-2021-1678 に対するプリンター RPC バインド変更の展開の管理【Windows】

Windowsロゴ Windows
Windowsロゴ

共有プリンタに印刷できなくなる可能性があります。

詳細は下記のMicrosoftの記事をご覧ください。

プリンター リモート プロシージャ コール (RPC) バインドがリモート Winspool インターフェイスの認証を処理する方法に、セキュリティ バイパスの脆弱性が存在します。 Windows 更新プログラムは、RPC 認証レベルを上げ、新しいポリシーとレジストリ キーを導入して、サーバー側で強制モードを無効または有効にして認証レベルを上げることにより、この脆弱性に対処します。

CVE-2021-1678 に対するプリンター RPC バインド変更の展開の管理 (KB4599464)
Key Distribution Center (KDC) を使用して Kerberos Constrained Delegation (KCD) を介した委任に Kerberos サービス チケットを使用できるかどうかを判断する方法に、セキュリティ機能のバイパスの脆弱性が存在します。ここでは、その解決する方法について...

2021 年 6 月 8 日の更新プログラム以降、すべての Windows デバイスで強制モードが有効になります。

とある通り、強制モードが有効になった結果、共有プリンタに印刷できなくなる可能性があります。

もし、Windowsで印刷できない場合は、2021 年 1 月 12 日の Windows 更新プログラムまたはそれ以降の Windows 更新プログラムがインストールされていない可能性があります。

2021 年 1 月 12 日の Windows 更新プログラムまたはそれ以降の Windows 更新プログラムをインストールしてみてください。

コメント